スキゾログ

「差別的な社会と決別する」をミッションに、当事者が統合失調症について情報発信していきます

生活保護受給者の自死(6人目)から、私たちが学ぶべきこと。あるいはプロブロガーについて。

f:id:toushitsufukei:20180802201348j:plain

 

時間とお金にゆとりがあり、ノーストレス。脱社畜。そんなキーワードに憧れて、(プロ)ブロガーを目指す人が増えています。誰でも安定収入やベーシックインカム、ほしいですよね。

 

私はこんなブログを書いているぐらいですから精神疾患があって、まわりに生活保護受給者が大勢いるんですね。あるいは障害年金が安定して入ってくるとか。そして、みんな就労指導もなく、時間とお金にゆとりがあり、ノーストレスの人生をあゆんでいます。その結果、6人が自死しました。親友も死んでいます。そこから私たちに学べることはあるのでしょうか。今回はちょっと強引ですが読者のパイを広げるため、「ストレスとプロブロガーと生活保護」をテーマに書いていきたいと思います。

 

 

 

スポンサー

 

 

 

ストレスのない生活は理想か?

 

仕事をしてると、ストレスってあるじゃないですか。失敗したり、お客さんからダメ出しされたり。それは仕事をやめてブログに賭けても同じです。ブログで生きようとしたら、今度はインターネットの大海で批判にさらされるハメになる。アンチとつきあわなくてはならない。

 

そしてプロブロガーさんたちの言動をみていると、ほんとうにささいなことでイライラカリカリして、とても打たれ弱いですよね。誰とはいいませんけれども、ブロックしまくったり、タイムラインで切れまくったり、ときに過失や誤解から炎上し、精神科通いになったりなど。

 

プロブロガーさんたちで幸福な人が少ないのは、ストレスから解脱した生活を続けていると、逆にストレスに弱くなるんです。守るもののない平穏な生活は、楽にみえますよね。でもそれって、とても虚しいんです。そして打たれ弱くなる

 

死んでいく人たち

 

先月、生活保護受給者の友達カップルが自死しました。驚かないのはこれで6人目だからです。精神疾患があるので就労指導がなく、ノーストレスで金銭的な不安もなく(多少の金欠はありますが)、のんびり暮らしていた。でもその結果、何が起こったでしょうか。

 

ちょっとしたことで人生の価値観がゆらぎ、批判に弱くなり、死にたくなるんです。そして、死にたくても20代ならまだ「メンヘラ」で通用しますが、30代後半に突入すると、ほんとうに自死しはじめる。

 

私だけの例で信用出来ないなら、phaさんのまわりをみてみるといいですよ。ニートのphaさんも、周りは結構死んでいくと応えているインタビューがあります。(リンクを失念して失礼)

 

大切なのはストレスコントロール

 

では、どうしたら良いのか。どうすれば幸福な人生をあゆめるのか。打たれ弱く生活が乱れているプロブロガーさんたちや、自死していくベーシックインカム・ニートの人たちから学べることはたくさんあります。

 

それは、「ストレスをコントロールする力」をみにつけることです。批判やダメ出し、そして自分自身のネガテイブな感情を前向きなパワーへと転換していくスキルそれこそが人生を前に進めてくれます。

 

そのスキルがどんなものかについては、ちょっと疲れてきたのでまたこんど書いていきたいと思います。

 

 

 

スポンサー