スキゾログ

「差別的な社会と決別する」をミッションに、当事者が統合失調症について情報発信していきます

統合失調症の薬を減薬する・できる(かもしれない)方法

f:id:toushitsufukei:20180811052231j:plain

 

控えめにいって元気です。

 

私はお恥ずかしながら家事ができず、これまで外食やコンビニ飯ばっかりだったんですけれど、6月に体調を崩して嘔吐しまくり、病院で精密検査を受けた結果、長年の食生活の乱れを指摘されました。

 

体調を戻すため、半信半疑で玄米食+お魚+有機野菜+お味噌汁の生活にしてみたところ、体脂肪が落ちた上に、体も元気になりつつあります。

 

精神科に定期通院し、そのことを報告したところ、将来的に薬を減らせるかもしれないと、希望がでてきたので、そのご報告です。

 

 

スポンサー

 

 

 

めっちゃ元気

 

なんか、最近「名もさん元気ですね!」っていわれるんですけど、元気なんですよ。玄米食プラス魚生活にしたら、ぜんぜん疲れないんです。といっても、そんな凝った料理は私にはできませんから、玄米はロウカット玄米で炊くだけ、そしてお魚は白身魚を野菜の上に置いて蒸し焼きです。味噌汁も、そこそこいい味噌を買って、粉末だしと適当な具材をお椀に入れてお湯をそそぐだけ。ぱぱぱっとできちゃう。

 

そしたら、なんか無限にエネルギーがでてくるんですね。食生活を変えるまでは、結構だるかったです。夜になるとめちゃくちゃ疲れてましたし。朝、パートナー(社長)に無理に起こしてもらって、コーヒーで無理やり元気を出していた感じ。

 

でも今は、コーヒーや麦茶も吐いてしまうので、沸かして冷やした水を飲んでいます。それがまた気持ちよく飲めており、家事代行さんと一緒にピカピカにした部屋で、美味しいお水をグビグビ飲むのは最高です。夏ですしね。

 

目標は低く

 

夏といえば、いま夏真っ盛りですけれども、夏バテとも無縁です。たらや鮭を食べたりしてるせいか、エネルギーに満ちあふれています。元気いっぱい。

 

とにかく、「自炊を続けること」を目標としているので、一気にやる気が失せるような高尚な料理はしません。高い目標を立てすぎると挫折するのが定番です。目標は低く、そして簡単すぎるぐらいに分割するのが良いとされます。

 

お昼寝しちゃってご飯をつくれないときとかは、いわしやさば、さんまといった缶詰に頼りながら、なんとか続けているところです。

 

玄米を炊くこと、ポットにお水入れて沸かすこと、缶詰を買いだめすること、適当な具材でお味噌汁をつくること。そんなふうに目標を分割して、毎日ゆるっと自炊しています。

 

薬が減るかもしれない!

 

そして、今日は病院にいったのですけれども、「とても全体的にいい方向に向かっていますね。このままいけば、統合失調症の薬も減らせるかもしれませんよ。まずは自炊を続けてみて、体調がもっとよくなるかどうか、みていきましょう。あくまで今すぐではなく、将来の話ですけれど、薬が減るかもしれません」

 

といわれたのです!やったーーーー!!!

私はエビリファイという薬を飲んでいるので、それほど副作用等はないのですけれども、やっぱり薬が減る(かもしれない)のは嬉しいですね。もちろん、統合失調症ですから、薬をやめることはできないのだと思います。しかし、減らすことはできると。嬉しいな。

 

薬を減らす話がでたのはこれがはじめてです。いままで、増やす話ばかりされていました。だから、きっと本当に私は回復に向かっているのだと思います。

 

栄養士さんと栄養士さんに感謝

 

野菜は手のひらいっぱい。野菜を多め、タンパク質も多め。できれば肉より魚を。そして、肉を買うなら、脂身の少ない部分を。と教えてくれた病院の栄養士さん。

 

そして、うんちが臭くなるのは動物性蛋白質と脂質が過剰だから、そこからカイゼンしていくと良いと教えてくれた、うんち栄養士のしおりさん。

 

一緒にキッチンを中心に片付けてくれる家事代行さん。

 

感謝感謝です。私一人ではどうしようもなかっただらしない生活ですが、カイゼンされつつあります。感謝感謝。

 

これで本当に薬が減ったら、最高ですね。引き続き、自炊をがんばっていきたいと思います。以上、2018年8月の通院報告でした。

 

 

スポンサー